goGOgo

流行や日々の生活豆知識など幅広いジャンルの記事を書いてます

2016年軽自動車販売数トップ10!1番売れた軽自動車はどれ?

スポンサードリンク

   

Pocket


普通自動車よりもコストがかからないので販売数も伸びている軽自動車。
軽自動車は自動車税が安く、自動車重量税、任意保険も安いので人気となっています。

2016年に一番売れた軽自動車は何だったのでしょうか?
早速見ていきましょう!


10位:ダイハツのミラ


出典:http://www.daihatsu.co.jp


10位はダイハツのミラです。72924台売れました。

ミラは見るからに女性のために作られた車ですね。色は8種類あって、パステルカラーが映えます。2トーンカラーの仕様もあり、思わず可愛がりたくなります。


駐車や狭い路地でも小回りが利くので運転の苦手な方でも簡単に操作できます。ちょっとした街乗り、お迎えなどに大活躍。やはり女性目線の車でしょう。価格は約140万~となっています。


9位:スズキのワゴンR


出典:http://www.suzuki.co.jp/


9位はスズキのワゴンR。81134台売れました。前年は10万台以上売れています。

ワゴンRは町でもよく見かけます。高速でもよく見かけ、追い越し車線からスイスイと追い越していくくらい、パワーがあります。ハイブリッド車も発売しているので、燃費もグレードによっては33.4km/lとなってます。

この数字は理論値ですので、市街地を走行した場合こんなに良い数字は出ないでしょう。エコカー減税によって、自動車税と自動車取得税が免除、グリーン税制により軽自動車取得税も50%減税となっています。環境のことと減税のことを考えれば、多少費用はかかりますがハイブリッド車一択ですね!価格は約135万~です。


8位:スズキのスペーシア


出典:http://www.suzuki.co.jp/


8位はスズキのスペーシア。81277台売れました。

最近のCMは佐藤栞里さんがやっています。少し前では「女性の願いをかなえると、この軽になる。」というキャッチコピー?で堀北真希さんがCMをやっていましたね。ということで、こちらのスペーシアも男性向けではなく女性向けの車であることがわかります。

スペーシアは軽自動車初の、人にもクルマにも作動する衝突被害軽減ブレーキ=デュアルカメラブレーキサポートが搭載されているので、人やモノにぶつかりそうな時に、衝突被害を軽減してくれます。

またこのカメラの機能がすごい。両サイドの白線を検知しているので、例えば高速道路などで車が片側によってしまった場合車線逸脱警報機能が働き、ブザー音で中央からずれていることを知らせてくれます。(時速60km~100㎞の時)こういったことから安全面でとても優れていることがわかりますね。


7位:スズキのハスラー


出典:http://www.suzuki.co.jp/


7位はまたしてもスズキのハスラーです。販売台数85762台。
ハスラーはエクテリアが人気のようです。この可愛いエクステリアによって購入を決めている方も多い。


ハスラーはクロスオーバーSUVタイプの軽自動車で、タイヤは他の軽よりも1インチ大きい15インチになっています。ですので、車高が高くなり起伏のある悪路でも問題なく走ることができるようになっています。

かつて「Kei」という車種の軽自動車がありましたが、2009年に生産が終了。その生産終了を惜しむ声を聞き開発された車です。
価格は約150万円~。


6位:ホンダのN‐WGN


出典:http://www.honda.co.jp/


6位はホンダのNシリーズの中のN-WGN。販売台数は86710台。
安全性も走行性も備えた軽自動車です。燃費もグレードによって違いますが、29.4㎞/lのモノもあります。アイドリングストップという機能も標準搭載されています。この、アイドリングストップ機能とは、赤信号でスピードを緩めた時、自動的にエンジンが切れて燃費消費と排ガスを抑制するという優れた機能です。

赤信号から青信号に変わった時は、ブレーキを離せば自動的にエンジンが始動してスムーズに発信することができます。このように環境に配慮している点、燃費が良い点などが評価されて2016年の販売台数が全体の6位になっています。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-0030793362204474"
data-ad-slot="5290076835">


5位:スズキのアルト

出典:http://www.suzuki.co.jp/


5位はスズキのアルト。販売台数は99715台です。国内で累計販売数500万台以上となっています。燃費がグレードによって37.0㎞/lともの凄く良くなっています。あくまでも理論値なのでこんな数値は出ないとは思いますが、燃費の性能に磨きをかけていることがよくわかります。


グレードによりますが、レーダーブレーキサポートが装備されているため前方の安全性は極めて高くなっています。安全性は高いのに、値段はトップ10の中で一番安くなっていて、約85万円。


4位:ダイハツのムーヴ

出典:http://www.daihatsu.co.jp


4位はムーヴで102410台売れました。4位から販売台数が10万台を超えてきましたね。

燃費や性能にこだわっているのはもちろんのこと、収納スぺースにもこだわっています。飲み物置き場、ティッシュ置き場、雑誌入れ、フックなどの収納スペースが合計15か所あります。これだけ収納スペースがあれば小さい荷物の置く場所には困りませんね。

ムーブは全車がエコカー減税対象車なので、このことによって2016年販売数第4位の理由になっているのかもしれません。


3位:日産のデイズ


出典:http://www2.nissan.co.jp/


3位は日産のデイズ。2016年は105731台売れています。

日産というと普通車のイメージがありますが、2002年から軽自動車部門に参入しています。参入して10年以上どころかもう15年位経つのですね。

グレード別設定で、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる「ハイビームアシスト」という機能があります。このハイビームアシストというのは、前方検知用のカメラで周りの環境に合わせてハイビーム・ロービームを自動的に切り替えてくれる機能です。夜の運転をし易いように作られています。

また、グレード別設定ですがアラウンドビューモニターが装着されているならば、クルマを真上から見下ろしているかのような映像がルームミラーに表示されます。これで安心して駐車することができますね。価格は安めの114万円から。


2位:ダイハツのタント


出典:http://www.daihatsu.co.jp


2位はダイハツのタント。155998台も売れました。

タントはDAIGOさんがCMをやっていたので覚えている人も多いのではないでしょうか?前列と後列のドアのつなぎ目部分が無いため、乗り降りが本当に楽です。形状によってはベビーカーを折りたたまなくてもそのまま乗せることができます。ということで、小さいお子様がいる家族にピッタリの車です。

ほとんどのグレードで左側のパワースライドドアが標準装備なのも嬉しいですね。荷物を持っていたり、赤ちゃんを抱っこしていてもワンタッチでドアが自動オープン。価格は122万円~。


1位:ホンダのN‐BOX


出典:http://www.honda.co.jp/


1位はホンダのN‐BOX。186367台売れ、2011年の発売から2016年の12月までの販売台数合計で100万台を突破しました。2016年で軽自動車販売数1位ですが、なんと2015年・2013年も販売台数がNo.1なんです。めっちゃ人気車種。

さて、なんでこんなに人気なのでしょうか?その理由は購入者の声を聞けばわかります。「軽とは思えないほど広い」「大人2人がゆったり布団で車中泊できる」「軽とは思えない走り」などなど、どうやら軽自動車とは思えない車内の広さと性能がウケているようです。価格は約120万円~。


まとめ

お気づきになりましたでしょうか?普通自動車のランキングではトヨタがトップ3を占めていたのに、軽自動車部門では1車種も入りませんでした。ランキングトップ10の中にはダイハツが3台、スズキが4台ランクインしています。ダイハツ、スズキは普通車でトップテン入りしている車種はありません。企業による強みの違いが典型的ですよね!

さてさて、日本で販売されている自動車の約4割は軽自動車なのです。ご存知でしょうか?街中でもよく見かけるようになりましたよね?軽自動車の販売台数はず~っと右肩上がりのように思えますが、実はここ数年は右肩下がりになっています。

普通自動車のランキングを見ていただければわかりますが、普通自動車でも燃費の良いお手頃価格のコンパクトカーが人気になっています。軽自動車は税金などが安いですが、排気量が少ないため物足りない人が多いのかもしれません。

軽自動車も涙ぐましい企業努力があって、安全性や加速、車内空間の広さは向上しています。今後も「メーカー毎の軽自動車」と「軽自動車と普通自動車」の戦いは続いていくことでしょう。

スポンサードリンク

 - 自動車



最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事を気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2016年新車販売ランキングトップ10!1番売れた車はどれ?

2016年に1番売れた車はどれだったのでしょうか? ではさっそく10位から行って …